【ご当地ルアー・大阪編 ジュロク】

【ご当地アイテム】
開発者が通うポイント、釣り方、こだわりに合わせて造りだされるご当地アイテムは妥協を許さない、マスを狙わない、そこに特化したアイテムです。 誤解を恐れずに言えば自分のために造りだしたアイテム。  個性豊かな【ご当地アイテム】はきっとあなたのご当地でも通用するはず! 誰も知らない! 誰も使ってない! それだけで釣りが楽しくなりそうです!

【パープルイズム】
パープルイズムは各社のテスターを務める赤木さんが創ったメーカーです。 氏のスタイルである磯からのルアーフィッシングにこだわったアイテムを開発しています。 「現場目線のモノを作っていき皆様に信頼と愛着を持って頂ける様に...」という思いのこもったブランドです。

 

【ジュロク】 各地で実績が出始めています! 実力派ぶっ飛びトップ!
磯で使うことを前提とした回遊魚専用のポッパーです。 遠くのポイントやナブラにルアーを送り込める別次元の飛距離は実際に投げた方は必ずその飛距離に驚きます。 自然と会話するかの様に少し力を抜き、長い時間釣りを続けられる様にセッティングされた操作感は現場目線! 釣れない厳しい状況の時にでも最後にロッドの先にセットされているようなルアーであるために。

 

【こだわりの設計】赤城さんのブログから抜粋しています。
私がこのポッパーの動きに対して最も拘ったのが下記の3点の動きにプラスして抜群の飛距離です。

まず一つ目は、ポッパーなのでポッピングの操作ですが、水平にロッドをジャークして泡を引き、音で集魚するマズメのローライト時に有効な操作です。目で確認しながらしっかり泡を出して操作しています。もちろんポッピング自体に強弱をつけるのは全然OKだと思います。

2番目に拘った動きが、ポッパーでありながらダイビングペンシルの様な動きをさせることです。ロッドを上段から下段に向けてジャークしながらルアーをダイブさせる操作です。要するに誘い出しです。少し慣れが必要ですが、この動きに青物に絶大な効果がある様に思います。その応用として、ダイブさせた時のタイミングでピッチの狭いスラッグジャークをすると、更に左右のスライド幅を稼げ、低活性時やスレた魚にスイッチを入れることが度々ありました。ぜひ試してほしいと思います。

そして3番目にナブラなどの場合に有効なのがドッグウォーク。ほぼロッドティップのみを使って左右に逃げ惑うベイトを演出します。これも私の場合はあまり速く操作せずにミディアムスピード程度の速度で左右に首を振りながら演出させます。捕食スイッチが入った魚が多い場合に特に有効です。

以上の動きを状況により組み合わせながら、自然に合わせる様にその日のパターンを掴む様にしています。

【スペック】
■[タイプ] フローティング
■[全長] 150mm
■[重量] 56g(フック装着時)
■[推奨フック] STX58-#1/0 STX66-#1/0 ※2/0 可
■[素材] 高精度発泡樹脂
■[価格] 5,600円(税別)

【お客様からいただいたジュロクの釣果写真です】オリジナルカラーも含んでいます

更新日:

Copyright© NABURAな毎日 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.